靴リペアを含めて、修理が必要になってくるタイミングは、トップリフト掛けずれてきたときです。削れ過ぎてしまえば、ヒール自体が減っていくことになるでしょう。こうなると交換も考えていかなければいけませんし、体重のかかり方が変わり、全体に荷重がかかるようになって傷みが出ます。

靴の裏ソールが薄くなったときにも、修理を考えていかなければいけないでしょう。かかとの次に荷重がかかってくるのがソールです。地面との摩擦を受ける部分であり、履いていれば自然と薄くなってしまいます。ゴム化革でできている部分ですが、早めに補強することも視野に入れておけば問題はありません。実際につま先がけずれすぎたりすることもありますし、穴が開いてしまうようなことも起きます。そうなる靴リペアを考えても修理費がかさんでしまうことになるでしょう。特に女性のヒールはソールがあまり厚くできていません。さらに何度も修理ができないようなものもありますので、早めに補強をすることも重要です。ハーフラバーソールを張りつけるだけでも、長くはいていくことができるようになります。実際に本体の痛みも抑えられますので、お気に入りになりそうなヒールならば、購入後すぐに張るといいでしょう。

次頁⇒大事な靴リペア