靴ヒールの修理のタイミングとして、かかとの次に起きるのが、つま先の割れです。どうしても力がかかってくる部分であり、擦れも目立つようになるのは、それだけ守られているからとなるでしょう。歩きだしの時にも力がかかってくるため、どうしてもすり減りますし、力がかかって割れることもあります。割れすぎてしまうと、本体までダメージが及ぶことになるため、大掛かりな靴リペアになってしまうでしょう。早めに修理しておけば、こうしたダメージも防げます。

靴リペアに関しては、どこかが割れてしまったり、壊れてしまうような状況だけではありません。雨シミができたり、変な臭いがしてきたときには、修理を考えていかなければいけません。通常ケアを繰り返していくだけでも、かなり帽子ができますが、あまりにひどくなると対処ができなくなるでしょう。丁寧に対応する必要が出てきますが、カビや臭いの原因を取り除かないと、根本的な解決ができません。シミがひどくなると、あまりに違和感が出てくるようになるため、靴リペアで染め直しという選択もあります。

大切なヒールは、メンテナンスで長持ちさせられるのが重要です。愛用していくためには修理も必要になりますので、違和感を覚えた時には靴リペアを考えましょう。

靴リペアを含めて、修理が必要になってくるタイミングは、トップリフト掛けずれてきたときです。削れ過ぎてしまえば、ヒール自体が減っていくことになるでしょう。こうなると交換も考えていかなければいけませんし、体重のかかり方が変わり、全体に荷重がかかるようになって傷みが出ます。

靴の裏ソールが薄くなったときにも、修理を考えていかなければいけないでしょう。かかとの次に荷重がかかってくるのがソールです。地面との摩擦を受ける部分であり、履いていれば自然と薄くなってしまいます。ゴム化革でできている部分ですが、早めに補強することも視野に入れておけば問題はありません。実際につま先がけずれすぎたりすることもありますし、穴が開いてしまうようなことも起きます。そうなる靴リペアを考えても修理費がかさんでしまうことになるでしょう。特に女性のヒールはソールがあまり厚くできていません。さらに何度も修理ができないようなものもありますので、早めに補強をすることも重要です。ハーフラバーソールを張りつけるだけでも、長くはいていくことができるようになります。実際に本体の痛みも抑えられますので、お気に入りになりそうなヒールならば、購入後すぐに張るといいでしょう。

次頁⇒大事な靴リペア

大切な靴は、丁寧にメンテナンスしていけば、長く楽しめます。問題は、壊れないようにしていくことで、必要な時には修理もすることでしょう。実際に修理をするという場合では、もっとも多いのがヒールです。歩いている間に、必ずソールの部分はすり減っていきます。靴を守るためにも、すり減ったら修理するという習慣が重要です。

ヒール靴のかかとを見てみると、ヒールとトップリフトに分かれているのがわかります。歩いているとヒールの下にあるトップリフトが、地面に接地していくことになり、真っ先にすり減ります。ヒールを守っている部分でもありますが、早めに交換しておけば、ヒールは傷ついたりすることがありません。

実際にかかとにかかる荷重を見てみると、体重の1.2倍程度がかかるといわれています。これだけの重みがかかれば、当然トップリフトは削れていくことになるでしょう。あまりに削れていけば、靴はどんどんと変形してしまいます。変形すると、他の部分にも力がかかるようになり、全体に力がかかり変形も見られるようになるでしょう。これが靴の傷みにもつながってしまうのですから、早めに靴リペアを考えていかなければいけません。

どこまで減ってきているのかは、履くたびにメンテナンスをしていけば、すぐに気が付くでしょう。ヒールの場合には、点で体重を支えるようになってくる部分ですし、靴自体の見た目にもかかわります。他の部分に痛みが出てくる前に、修理を考えていきましょう。

次頁⇒ソールも守る